365日24時間
タクシーの配車・お問合せ
0120-07-1874
0466-22-2191

鎌倉花散歩 四季の花が楽しめる観光スポット5選

観光スポット

はじめに

四季を通じて、多種多様な花々を愛でられることでも人気の鎌倉観光スポット。
今回は「花の寺」と呼ばれる、鎌倉を代表する花散歩の名所をご紹介します。

一年中かわるがわる花が咲く海蔵寺

どの季節に訪れても四季折々の花が楽しめる海蔵寺。
早春には枝垂れ桜、初夏にかけては菖蒲、梅雨時にあじさい。
そして晩夏から初秋にはノウゼンカズラ、秋に紅葉と、1年を通して花散策が楽しめます。
地図で見ると、他のお寺に比べて小さく感じますが、境内庭園に咲き乱れる花々は圧巻で、多くの観光客が訪れます。

観光スポット詳細情報

拝観時間 9:30~16:00
拝観料 志納 ※離れの十六の井は100円
住所 神奈川県鎌倉市扇ガ谷4-18-8
アクセス JR横須賀線鎌倉駅から徒歩20分
ホームページ http://www.kcn-net.org/kokenchiku/kaizoji/kaizoji.html

ミシュラン・グリーンガイド三ツ星の東慶寺

外国人観光客向けの旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」において、鎌倉で2箇所しかない三星★★★に選ばれている東慶寺。
12月にかけて開花し、1月に見ごろを迎える蝋梅。2月中旬から3月初旬にかけてが見ごろの梅など、ミシュランも認めた北鎌倉を代表する花の寺です。
座禅や写経、香道の体験教室も開催されており、何度も通いたくなるお気に入りのお寺としてリピーターの多い人気スポットです。

観光スポット詳細情報

拝観時間 8:30〜16:30(10月〜3月は16:00まで)
拝観料 200円
住所 神奈川県鎌倉市山ノ内1367
TEL 0467-22-1663
アクセス JR横須賀線 北鎌倉駅から徒歩4分
ホームページ https://tokeiji.com/

早春の梅、冬のスイセンが見どころ瑞泉寺

高僧であり、作庭家でもある夢窓疎石が作り上げた庭園を有する花の寺、瑞泉寺。
春には梅と藤、夏にはあじさい、秋にはツバキと彼岸花、冬は福寿草に水仙。
開山に供えるために丹精される四季の花々が、訪れた人の目を楽しませてくれます。

観光スポット詳細情報

拝観時間 9:00-17:00(通年)入門は16:30まで
拝観料 大人200円 小中学生100円 障害のある方無料
住所 神奈川県鎌倉市二階堂710
TEL 0467-22-1191
アクセス JR横須賀線 鎌倉駅から京急バス[鎌20・4番]大塔宮行き 大塔宮下車 徒歩10分
ホームページ http://www.kamakura-zuisenji.or.jp/

あじさいといえばここ長谷寺

あじさい寺として鎌倉随一の人気を誇る長谷寺。
6月のあじさいの季節には、海外からも多くの観光客が訪れ、入山規制が行われるほどに人気の花の寺です。
あじさい以外にも、4月ごろに咲くボタン、5月上旬の藤、6月のミヤコワスレ・イワタバコ・シモツケ、初夏の花菖蒲などなど。1年を通じて季節の花々と秋の紅葉が楽しめる、散策スポットです。

観光スポット詳細情報

拝観時間 3月~9月8:00 – 17:00(閉山17:30 )10月~2月 8:00 – 16:30(閉山17:00)
拝観料 大人400円 小中学生200円
住所 神奈川県鎌倉市長谷 3-11-2
TEL 0467-22-6300
アクセス 江ノ電 長谷駅から徒歩5分
ホームページ https://www.hasedera.jp/

寺の周りを囲むように咲く、安養院のツツジ

北条政子の法名が寺名になったと言われている安養院。寺の周囲から境内の中までツツジが満開に咲くことで有名で、ツツジの季節である4月中旬から5月中旬にかけて、多くの観光客が訪れます。

観光スポット詳細情報

拝観時間 8:00~16:30
拝観料 100円
住所 神奈川県鎌倉市大町3-1-22
TEL 0467-22-0806
アクセス JR鎌倉駅東口3番バス乗り場から「名越方面」行きで「名越」下車徒歩1分

まとめ

四季折々の花々を愛でる花散策とお寺巡りを同時に楽しめるのが、鎌倉散策のいいところ。
せっかく鎌倉に来たのだから、花とお寺と、さらに海も眺めたいという方には、タクシーでの移動がオススメです。
地元湘南・鎌倉を知り尽くしたドライバーが、みなさまの観光のお手伝いをいたします。
どうぞお気軽にお電話ください。

江ノ島タクシー

お客様とともに66年。 安心・安全・信頼をモットーに今日も湘南の街を駆け巡る! タクシーのご用命は江ノ島タクシーまで。

江ノ島タクシー

おすすめ記事